スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#84 イタリア的 体臭

“ Vivi e lascia vivere.”(イタリアのことわざ)

“思うままに生きよ、そして他人の生き方に口を出すな”
という意味で、“自分は自分、人は人”ということだ。

“そんなこと言う前に、ちゃんと洗濯しようよ”(まじろー)

そんな風に思う今日この頃。
イタリアに最初に降り立った時、ミラノ空港ですれちがうイタリア人に
香水みたいなきつい臭いがするな と思ったものでした。

後日、洗濯したり石けんを使ったときに、この臭いか!と気づいた。
とにかくこの国の洗剤と名のつく物は、臭いが強い。
そして汚れは落ちない。


洗濯物も、汚れは落ちてないけど、臭いがよければいいんじゃない?
食器も、なんとなく油がのこってても、それっぽければいいんじゃないの?
石けんは、臭いをつける物として立派に活躍してる。
イタリアの洗剤事情は、こんなアバンギャルドなコンセプトの上に成り立っている。

hhw053item02.jpg  洗濯用洗剤 コッコリーノ。

  “すっきりした香り”が売り。
  5種類の香りが楽しめる。

  分量を間違って洗濯機に入れすぎると、
  相当強い香りに24時間おそわれる。
  そして胃の奥から込み上げてくる物がある。
  思い出すとちょっと酸っぱい。

  いつか新橋で飲んだ帰り道に先輩が
  「吐いた方がすっきりする」
                 と言っていたのを思い出した。
                 もしかしてそういうことか。


  人気ブログランキングへ 日本の「キュキュッと」。あれは奇跡の洗剤だ!
  ←いつも応援ありがとうございます(^_-)
スポンサーサイト

tag : イタリア生活 イタリア プーリア コック 修行 イタリア料理 洗剤 イタリアの洗剤

コメント

Secret

No title

くまちゃんって。。。洗剤のパッケージに使われやすいのかなぁ????(笑)

基本的に香水とかの匂いに負けちゃう私は、そんなにキツイ香りだったら。。。多分。。ほんとに。。。





。。。。。。。「吐く」と、思う。。。v-389

おNEWのメガネ、カッコイイですよ~~~!!!♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
あっはっは!

majiro

Author:majiro

企画マン まじろー
(写真:右)
 このブログの執筆者
2009/2
 サラリーマン卒業!
2009/5
 フィレンツェでコック修行!
2009/9
 プーリアでコック修行!
2010/4
 ヨーロッパ旅行
 『世界の緑から』へ出発!
2010/5
  帰国。(東京→三重へ)

デザイナー  ユー
(写真:左)


暦の上で
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いろんな本棚



まじろんちの樹
最新記事
- - 最新記事 -
たき火を囲みながら。
昔の思いで
検索してくれるらしい
オススメ作品
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

黒いもじゃもじゃ
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。