スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#59 イタリア料理ってなんだ?

路上生活まであと日!

IMG_3236.jpg

本人の感覚では、「感情をコントロールできる」というのが
ひとつ大人の階段というものである。
理不尽な事があってもぐっと耐える。ちょっとイラッときてもこれまた耐えるのだ。
耐えれず爆発してしまうと“子供じゃないんだから”なんていわれるのがオチである。

けれど所変わればなんとやらで、イタリアでは全く事情が違う。
とにかく喜怒哀楽が激しいのだ。さっきまで泣いていたと思えば、いきなり笑い出す。
子供の方がおとなしいくらいだ。
そもそもおとなしいって“大人しい”て書くんじゃないんだろうか?
というように感情なんてコントロールせず、おおよそ垂れ流しなのだ。

まあ そんな事を考えるのもばからしいくらい感情の国イタリア。
スーパーのレジのおばちゃんがいきなり怒りだしても、そのくらいフツーなのだ。
好きだと思ったら、両親の前でもいちゃつくのもフツー。
おそらく箸が転がっても笑える年頃は一生続くと思われる。
いいかわるいかではない。それが文化というものだから。

そんな風だから、イタリア料理は日本に普及しても文化まではなかなか広まわらない。
メジャーな料理はなんとなくイメージできるけど、イタリア料理店のメニューリストは
正直わかんないものが多いっていうのが多くの人の感想ではないでしょうか??
特に最近ではイタリア料理店も増え、コアな料理を出すお店も多くなり
さらにメニューリストへの混乱は深まるばかり。
カサレッチェ、タリアータ、アルフォルノ、スフォルマート・・・。
メニューの半分を読み終わる頃には、注文をとりにきている。
結局ソレが何かはわからなかったが、おいしかったからいいや。
まあ そういうものである。

最近では、イタリアンも最早もの珍しい事も無くなり、
中華や和食と同じ土俵で選ばれるようになった。
そんなイタリアン、みなさんはどう感じます?

     


 人気ブログランキングへ イタリア語ってよくわかんないなー
  ←いつも応援ありがとうございます(^_-)
スポンサーサイト

tag : イタリア料理 イタリア語 メニュー イタリアン イタリア人 イタリア文化

コメント

Secret

あっはっは!

majiro

Author:majiro

企画マン まじろー
(写真:右)
 このブログの執筆者
2009/2
 サラリーマン卒業!
2009/5
 フィレンツェでコック修行!
2009/9
 プーリアでコック修行!
2010/4
 ヨーロッパ旅行
 『世界の緑から』へ出発!
2010/5
  帰国。(東京→三重へ)

デザイナー  ユー
(写真:左)


暦の上で
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いろんな本棚



まじろんちの樹
最新記事
- - 最新記事 -
たき火を囲みながら。
昔の思いで
検索してくれるらしい
オススメ作品
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

黒いもじゃもじゃ
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。