スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#37 冷静なローマ

ローマ。

IMG_3860.jpg

2500年の歴史を誇るローマ。

 ROMAを逆につづるとAMOR、
    ラテン語で「愛」になるという洗練された街


今回は、一日でローマを巡るツアーの感覚で読み進めてください。
それでは、ローマ中央にあるテルミニ駅から始まって、
最初のスポット、ヴィットーリオ エマヌエーレ2世記念堂からスタート!

IMG_3675.jpg

ヴィットーリオ エマヌエーレ2世記念堂。
中央の16本の円柱が弧を描くステキさ。
中央の像が本人。(ヴィットーリオ)
右が「祖国愛と勝利」、左が「労働の勝利」を表しています。
ちなみにこれは、立派すぎてわかりにくいですが、お墓です。
後ほど、上に昇ってみましょう。

IMG_3677.jpg

ローマで有名なロゼッタパン。ロゼッタストーンに似ているからだとか。

IMG_3679.jpg

ランチは、サラミやハムの盛り合わせに

IMG_3683.jpg

ローマが発祥の地、アマトリチャーナ。

IMG_3688.jpg

ランチの後は、ナヴォーナ広場。
ドラマ「バンビーノ」の最後のシーンはここ。
変な噴水。(ほんとはベルニーニの噴水など芸術性はとても高い)

IMG_3692.jpg

そしてコレがパンテオン神殿。ローマの全ての神に捧げられています。
天使の設計がなされた完全なローマ建築。
そして、ラファエロやヴィットーリオ2世のお墓もあります。
(あれ?さっきも2世の墓があったような)
ローマ時代のオリジナルの姿をもっともよく残しています。

IMG_3693.jpg

直径9メートルの天窓。実はこの採光には秘密が。

IMG_3698.jpg

このように彫刻を照らすのです。
太陽光なので時間によって照らされる彫刻が変わる!すごい!

IMG_3702.jpg

そしてコレが有名なミケランジェロの彫刻です。
何とも言えない優しい表情。

IMG_3704.jpg

あ、外にはこういう人もいます。
一緒に写真撮ると€5くらいは要求されます。
撮影後の決めゼリフは「これは仕事だよ。€5。」

IMG_3706.jpg

さて少し休憩で、カフェでゆっくりしましょう。
ここは、ラ・カーサ・デル・タッツァ・ドーロ(La casa del tazza d'Oro)
直訳すると「金カップの家」です。K1選手が装備するアレではありません。
金色のカップです。焙煎所が併設のためとてもうまい。
ちなみに立ち飲み席だけですので、ゆっくりはできません。

IMG_3708.jpg

マシンも特注?

IMG_3710.jpg

イタリアでカフェと言えば、当然エスプレッソ。

IMG_3717.jpg

さていよいよ、あのローマの休日で有名な「トレビの泉」です。

IMG_3719.jpg

おっと、横から見るだけでも既に人が多い事の方が気になります。

IMG_3726.jpg

暑い季節だけに目が涼しいです。
肩越しにコインを投げると、再びローマを訪れる事ができると言われていて
みなさん投げまくってます。初詣みたいです。
トレビとは三叉路のことで、噴水の前より3つの道が延びています。

IMG_3741.jpg

さてさすがに首都だけあって、チェントロへ行くとブランド街もあります。

IMG_3743.jpg

Jimmy Chooをはじめ、GUCCIやPRADA、LVなどほとんどの有名ブランドが
軒を連ねます。ディスプレイが日本とはひと味違うセンスで
見ているだけでも楽しいのではないでしょうか?

IMG_3747.jpg

ずいぶん歩きましたが、これがスペイン広場。
ローマの休日のとても有名なワンシーンに登場します。

IMG_3788.jpg

階段を上に昇って見下ろすと、階段前の「船の噴水」を中心に多くの人が休憩
この噴水の水を果敢に飲むと、下痢になれます。

IMG_3792.jpg

おもしろい食材もいっぱい。

IMG_3795.jpg

さて西に進み、サンタンジェロ城です。
この前の橋には天才ベルニーニの設計による天使像があります。

IMG_3797.jpg

ひとつひとつの天使像にそれぞれの微妙な表情の違いがあります。

IMG_3798.jpg

ポンテサンタンジェロ。

IMG_3816.jpg

ヴァチカン市国への入り口にあたるサンピエトロ広場です。
有名な博物館は右手の長蛇の列です。
この広場もベルニーニ設計のものです。圧巻。

IMG_3818.jpg

広場をぐるっとかこむ円柱の回廊。それぞれ3本の円柱からなる。

IMG_3820.jpg

業界の人たちももちろん通ります。

IMG_3822.jpg

実は、あるポイントから見ると、3本の柱が1本に重なって見えます。
そしてそれが全ての方角で!

IMG_3828.jpg

ハイスペック公衆電話。
声は漏れまくっているので、あまりプライバシーは無い様子。

IMG_3835.jpg

コロッセオ!
期限80年に作られ、今では床や観覧席は壊れてしまってます。
建築資材として大理石が持ち去られたとか。
昔の姿が見たい人は、映画「グラディエーター」でどうぞ。

IMG_3836.jpg

コロッセオの広場

IMG_3840.jpg

そして郊外へ行くと、カラカラ浴場。
世界最大のお風呂。当時の大江戸温泉物語のようなものです。
散歩場、体育室、礼拝堂、図書室なんかもあり当時の流行スポットでした。

IMG_3841.jpg

いまはもう壁しか残ってませんが

IMG_3847.jpg

近くにはたくさん昔の遺跡があります。

IMG_3849.jpg

疲れてきましたね。
真実の口です。サンタ マリア コスメディン教会にあります。
以外にも、普通の道ばたにあり僕は通り過ぎてしまいました。
さらに、ひとり1ショットずつ並んで、ベルトコンベア式に撮影できます。
手が抜けない!とかやってると係の人に、はやく撮れと怒られます。

IMG_3855.jpg

実は教会の中もステキです。

IMG_3870.jpg

最初のヴィットーリオエマヌエーレ2世記念堂の屋上部分に昇りました。
大理石の階段を嫌ってくらい上ると、その後はエレベーターで最上階です。
ローマが一望できます。

IMG_3873.jpg

ここから見ると、エマヌエーレさんの像が空を歩いているようです。

IMG_3876.jpg

遠くにコロッセオもみえます。これにてツアーはおしまいです。


さてツアーは、いかがだったでしょうか?
お互いにとても疲れましたね。
実際には、2日かけて、しかもそこそこ足早にまわるとだいたいのスポットを
まわれるでしょう。博物館や美術館へ行きたい人はさらに時間がいります。
ぼくらが足早に歩き回っているのを、全く意に介さないような冷静なローマ。
2500年の歴史はとても数日では足りません。
街全体からローマの空気を感じる、そんな雰囲気が漂うヨーロッパの街でした。


  人気ブログランキングへ 押してくれてるみなさん。
  ←いつも応援ありがとうございます(^_-)

スポンサーサイト

tag : ローマ観光 ローマの休日 パンテオン カラカラ浴場 ロゼッタ アマトリチャーナ コロッセオ 真実の口 スペイン広場

コメント

Secret

No title

イタリア ローマいいところだな。
しぬまでには一度は訪れて見たい。
かんどー的なんだろうな。
わかりやすいローマ案内ありがとう。

まぁ、なんでブログランキングがカテゴリ「OL」なんだ??
じっくりブログ見させてもらいます。

そういえば、、、

under green projectのページに行って、「about」から、
それぞれのブログを見ようとすると、上手く見れませんよ。

firefoxだからかな。よろしく。

ごめんなさい

under green projectのHPの不具合が、
治っていないみたいですいません。
ユーに頼んだのだけど、ちょっと時間がかかるみたいで。。。
よく寝て早めに治します。

でも、なんで「OL」なんだろうな?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
あっはっは!

majiro

Author:majiro

企画マン まじろー
(写真:右)
 このブログの執筆者
2009/2
 サラリーマン卒業!
2009/5
 フィレンツェでコック修行!
2009/9
 プーリアでコック修行!
2010/4
 ヨーロッパ旅行
 『世界の緑から』へ出発!
2010/5
  帰国。(東京→三重へ)

デザイナー  ユー
(写真:左)


暦の上で
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いろんな本棚



まじろんちの樹
最新記事
- - 最新記事 -
たき火を囲みながら。
昔の思いで
検索してくれるらしい
オススメ作品
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

黒いもじゃもじゃ
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。