スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#168 スポ魂。熱血コーチとゲロ部員2

 過去の思い出 
   このお話は過去のお話です。
   イタリアも起業も料理も関係のないお話です(^_-)
          (→若毛のヨミカタ



というわけでよく晴れた日曜に自主練をする僕ら。
この自主練というフレーズがなんというか甘い気持ちに僕らをするけど、
針の穴に糸を通せないほどの集中力の僕らじゃあ、昼過ぎには遊び始める。
根がダメなのである。

奥野はすでにネット際で喫煙にいそしみ、テンションはローボレー。
この人はねっからのダウナー系なのでしょうがない。

                         (奥野という生き物はコチラ

ついにはクレーのコートでチャリンコを乗り回すというあるまじき練習へと発展した。
ぼくらの自主性はもうただの悪い方向へと向かっていたのでした。

ネット際で喫煙する奥野さん。サービスエースを狙う熱血コーチのユー。
そしてリターンエースをチャリにまたがりうかがう僕。 
画的にはスポーツマンシップはない。修造にはきっと殴られるプレーの数々。
それでもチャリのレシーバーに向かって容赦なくサービスを叩き込む鬼コーチ(ユー)。

そしてついに僕らは、ラケットそのものを捨てて真に自由なスポーツマンへと進化する。
チャリを思いっきりこぎ、後ろブレーキをぎゅっとかけて
180度ターンするエクストリームスポーツ。

いわゆるワンエイティと呼ばれるバイクのアクロバットテクニック。
その練習に情熱を傾ける腐った果実。

   ばいく
 (こういうのにカッコよさを感じる)




ぎぎぎぎっぎいぎぎぎぎぃぃぃ!


「いまの240度はいったんじゃない?!!すごいな!」

ユーは、すごいのである。もうすぐ一回転できるほどにキレている。
会場のサポーター達はもう憧れのよだれが出ている。さすが鬼コーチ!

「俺もやる!おれも!」

そういって次々に怖いモノ知らずのテニス部員たちがトライする。
こういうのは得てして、エスカレートして、バッドエンディングを迎える。
僕らはその、誰がドボンするかというスリルさえも期待していた。

そして僕の番。

渾身の力を込めて漕ぎだす!
今までにない助走距離!
ブレーキがちぎれるほどに握りしめ、渾身の力でチャリのケツを振り回す!


180度きっかり。


正反対な様子を180度正反対などと言うけど、それはほんとうに真逆を表す。
そして、この”きっかり”というのがアブない。

10代のまっすぐ前向きな情熱と物理エネルギーは、急にはおさまらん。
180度向きを変え、勢い余ったチャリは僕を乗せてバク転をかます。

僕はチャリごと後頭部を赤と緑のリングに打ち付け、バックドロップで沈んだ。

IMG_2301.jpg



どのくらい時間がたったのか。
目を覚ますと蒼井そらがひろがり、奥野に抱えられている。。。

あ。青い空。


(つづく)


※よいこはまねをしないでね。

   tyari.jpg




人気ブログランキングへ 目を覚ますと、意外な展開に。
 次回は熱血鬼コーチが活躍します。

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

一瞬、雲の上飛んだのかなぁ。。。。。。。。。。。。?v-416v-344

戻って来て良かった(笑)。。。

No title

怖っ!!
エスカレートは最大の凶器やな。
気を失うってどんなやろー・・。
生まれて今まで失神したことも酔って記憶をなくしたこともないんで。
・・どんなやろー。
あっはっは!

majiro

Author:majiro

企画マン まじろー
(写真:右)
 このブログの執筆者
2009/2
 サラリーマン卒業!
2009/5
 フィレンツェでコック修行!
2009/9
 プーリアでコック修行!
2010/4
 ヨーロッパ旅行
 『世界の緑から』へ出発!
2010/5
  帰国。(東京→三重へ)

デザイナー  ユー
(写真:左)


暦の上で
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
いろんな本棚



まじろんちの樹
最新記事
- - 最新記事 -
たき火を囲みながら。
昔の思いで
検索してくれるらしい
オススメ作品
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

黒いもじゃもじゃ
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。