スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#166 贅沢な時間。

IMG_1715.jpg


“贅沢な時間”と言われて、何を思い出すでしょうか?

 きっと多くの人が、数万円のフレンチのディナーや高級ホテルで過ごすことを
イメージするのではないでしょうか。

 ヨーロッパには、このような“お金を使った贅沢”の他に、
もう1つ違う形の贅沢がありました。それは、“時間を使った贅沢”
そしてそれは欧州を巡る一年の旅により、僕らが受けた一番の衝撃となりました。

 欧州は決して日本よりも経済的に豊かではありません。むしろとても貧しいと言っても
過言ではありません。街は汚れていて不潔で、建物は老朽化が進み、失業率は年々増加、
近代的設備もインフラさえ整備が行き届いているとは言えません。

 しかし彼らは、とても贅沢な生活をしていました。
欧州諸国が、“大人の国”と言われる理由がここにあります。

IMG_4054.jpg

パリの街には、音楽家たちの音色が響きわたり、街は緑にあふれていて
少し長めの昼休みには公園の芝生で寝転がってランチをしていました。

アムステルダムの郊外では、人々が自分たちの小さな小さな庭の小さな植物に水をやり、
コーヒーカップを片手にテラスで読書を楽しんでいました。

イギリスでは、仕事帰りにパブで生演奏を聴きながらビールを飲んで仲間と騒ぎ、
自由な就業時間の中で、それぞれの自由な時間を楽しんでいました。

スペインでは、バルで立ち飲みしながらタパスをつまみ、軽く飲んだ後に
じぶんちでゆっくりとした食事を楽しんでいました。

そしてイタリアでは、エスプレッソを立ち飲みカウンターでサッと飲み干して仕事へ。
長い昼休みはイヌの散歩とおしゃべりを楽しみ、夜はワイン片手にゆっくりゆっくりと
食事しながら会話を楽しんでいました。

IMG_4124.jpg


 これらの全ての楽しみは、決して多くのお金を必要としていません。
彼らの時間の使い方は粋であり、またとても上手なのでした。つまり、彼らは、
日常を楽しむために、贅沢に時間を使っていたのでした。

 それに対して日本人はというと、毎日の過剰とも言える仕事に終われ、
生活を楽しんでいる余裕がある人はあまり多くはないのではないでしょうか。
そうして作られた経済的豊かさは、他の国を圧倒するほどですが、これは本当に
豊かな国といえるんでしょうか。

 都会では季節を感じることも少なく、日本の芸術も文化もどこか他人事のように感じて
とにかく月曜から金曜までは、必死でしのいでいるのが一般的になっていないですか?
僕自身のサラリーマン時代を振り返っても、欧州諸国のように日常的に時間を贅沢に
使っていたかというと、答えはNoだったと思います。

 合理化と効率化の行き着く先に、本当の豊かさは無いのでは?
むしろそれらの合理化によってもたらされた自由な時間の中にこそあるのでは?
そしてそれらは特別なことではなく、日常の所々にあるのでは?

 たとえば、機械を使って簡単に炊飯するのではなく、
土鍋を使って、火の加減に悩まされながら炊き上げるご飯は、いつもよりおいしい。
秋になったら、縁側でわざわざ炭火をおこした七厘で、焼き上げる旬のサンマも
ビールをあわせて、これまたやっぱりおいしい。

 これらにかけるのは、お金ではなく、ちょっとした時間。
時間をかけること、つまり手間をかけることで日常がちょっとした贅沢に変わる。
ヨーロッパの人たちは、この工夫をとても大切にしていました。

    IMG_1892.jpg

 日本は、そのまじめで勤勉な性格ゆえ、イタリアのように昼寝の時間を制度化しても
きっと有効に使えないのではないでしょうか。仕事してしまったりして。
そんな日本人に必要なのは、日常的にできるほんの少しの
”時間の贅沢“ではないでしょうか。

 1ヶ月の間バカンスに出るのではないんです。
仕事後にジャズの演奏を聴きながら飲む一杯のビール。
友だちの家でリラックスして楽しむ手料理。平日には平日の楽しみかたがある。
仕事と両立できるくらい、ほんの数分で楽しめる時間の贅沢。

 高級な家具に囲まれて、高級な料理を食べにいく贅沢の他に
少しの時間と、少しの工夫によって生まれる粋でオツな時間の贅沢が
今の日本には必要なのではないでしょうか。

 モノが溢れている世の中で、何でも揃うのが当たり前の日本の生活。
敢えてわざわざかけるひと手間で感じる喜びは、日々の生活をもっと鮮やかにするんだと思う。

 経済力だけが豊かさをはかるものさしではなく、時間を使った粋でオツな風流さが、
ものさしになりえる事を僕は、ヨーロッパの生活で学んだ。
そして帰国して見る日本では、そういった新しい価値観へとシフトしていると
少なからずもそう感じた。


 時間の贅沢を感じられるレストラン。僕が今一番つくりたいお店です。


  IMG_1874.jpg


人気ブログランキングへ 僕の論文「ああ、贅沢」より。
 なんだそりゃ。
スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

確かに☆
最近さきはチャリンコをあえて移動手段につかってみたり、平日に料理をしたり、なんかこころが満たされるって感じる瞬間はそんなときやったりする!!
素敵なコンセプトやなぁ☆

>カギコメさん

もちろん連絡しますよ!

ただもう少し時間はかかります(^_-)
今は、机作ったり料理準備してマーす。

>サキ

最近ね、古いものに魅力を感じるようになってん。
もちろん、新しくてモダンで高級なものもええんやけども
なんか、味があるもん?
そーゆーよさに惹かれ中。

そして、今日も木材をアンティーク調に仕上げる実験にいそしむ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
あっはっは!

majiro

Author:majiro

企画マン まじろー
(写真:右)
 このブログの執筆者
2009/2
 サラリーマン卒業!
2009/5
 フィレンツェでコック修行!
2009/9
 プーリアでコック修行!
2010/4
 ヨーロッパ旅行
 『世界の緑から』へ出発!
2010/5
  帰国。(東京→三重へ)

デザイナー  ユー
(写真:左)


暦の上で
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いろんな本棚



まじろんちの樹
最新記事
- - 最新記事 -
たき火を囲みながら。
昔の思いで
検索してくれるらしい
オススメ作品
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

黒いもじゃもじゃ
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。