スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#158 スペインバルでタパスの夜 (25日目)

IMG_4128.jpg

4/28(水)

さて、マドリッドは今日も晴れ!
今日も元気出して歩きましょー!


とても暑くて歩くだけで体力を削られていく・・・。

IMG_4135.jpg

まずは王宮の庭園。
フランスのルーブルの横の公園を思い出す。
自然の公園も作れるし、人口の公園も作れるのがスペインの懐の深さ。

IMG_4181.jpg

マドリッドの目抜き通りであるグラン ビアの一角にある
子供向けセレクトショップに併設されているカフェ。
カフェの窓から緑が見えるのが、なんとも爽やか。(ここは都心なのに。)

IMG_4184.jpg

これも、スペインの家具を中心にそろえた、
ディスプレイに特徴あるインテリアショップ。

暗めの空間に無数の、コンセプトが混在する。(写真では伝わらない?!)

IMG_4186.jpg

それがとても、おもしろかったため店を出たらすぐにメモ。
持っていた紙袋に走り書きする。

碁盤の目のように道があるなら、その道全部を縦横に歩き尽くす僕ら。
なんの修行だ。と。そして口ずさむのはリゲインの歌。
(24時間戦えますか~♪)

そうすると、すぐに夜になります。
それでは、本日のスペイングルメのレポート!

IMG_4220.jpg

キノコ屋!「Meson del Champinon」

メゾン・デル・チャンピニョンというお店で、マヨール広場からすぐの所にある。
スペイン料理と言えば、タパスが有名ですが、え、なに?タパスってなにかって?

「スペインバルでタパスの夜」
タパスとはスペインの小皿料理をさし、冷製、温製料理と数百種類もあるらしい。
また小皿のために立食で会話をしながら食べるのに向いている。

スペインでは仕事が終わってから、バルのハシゴをするのが普通で、数件のバルで
ビール一杯に少しずつのタパスを食べて、次の店、また次の店へと徘徊するのが、
スペインの夜の粋でオツな楽しみ方!

町中に溢れるバルに行けば、男女問わず陽気にタパスをつまんで楽しめる。

IMG_4205.jpg

で、そんなスペインバルの一軒。このキノコ屋のオヤジ。
いい仕事します。

IMG_4207.jpg

名物の「マッシュルームの鉄板焼き」

ずっと見てたし、聞いたので作り方ものせちゃいます。家でもできる。

  ブラウンマッシュルームの足をとる。刻んだイタリアンパセリと塩をふって
  キノコの足を刻んでのせ、さらにチョリソーをのせて鉄板で焼く。
  焼いてる時に、にんにくオイルを全体にかけて焼く。


焼き目がこげる寸前まで待てば、キノコの水分がかさの内側にたまって
それとにんにくオイルとチョリソーの風味が混ざると、絶妙なおいしさ!


これはうますぎる!

IMG_4213.jpg

そしてこれはチョリソー。

スペイン料理に欠かせない食材で、挽かずに切っただけの豚肉に
ニンニクやパプリカをまぜて詰めた、スペイン風ソーセージ。

焼いただけなのに・・・。やっぱりうまい!


    メゾン・デル・チャンピニョン (Mesón del Champiñón)
     Cava de San Miguel 17, Madrid, Spain 
      915-596-790
      18:00-25:30

IMG_4257.jpg

Mercado de San Miguel (サン ミゲル市場)

そして僕らもバルをハシゴする。
ここは100年ちかく続く市場なんだけども、昨年モダンに改修されたらしい。

内部はモダンで市場と言いながらも、バルが立ち並び、中央にはステージがあったりと
ガストロノミー空間として、古さと新しさが混ざり合った賑やかな市場。

この雰囲気は、スペインならではの格好良さ!

IMG_4225.jpg

あの「VEGA SICILIA UNICO1999 (ベガ・シシリア・ウニコ)」も
グラスワイン一杯29€で楽しめるワインショップがあったり、
イベリコ豚の生ハムの足が壁中にかかっている肉屋、八百屋まで様々。
とにかくすごい賑わい!祭か!

IMG_4227.jpg

ね、市場と言ってもバカにできないでしょ?

IMG_4241.jpg

タパスの並ぶカウンターで、スタンディングで楽しむ。
これぞまさしくスペインバルの情緒。

IMG_4251.jpg

「今日もこんなことがあったのよ~」とか言ってそうな光景。
立ち飲みだからっておっさんだけではない。
デートスポットに井戸端会議に、もう何でもあり。

IMG_4264.jpg

そして、市場を出て、さらにもう一軒!

元酒豪のユーは、久しぶりのビールにしたたかに酔ったため、
地図を片手に「道がよくわから~ん」と道案内を放棄しかける。

次のお店は、地元の人が集まる下町エリア。

IMG_4266.jpg

値段も下町!いろんなタパスがあって見てるだけでもおもしろいよ。

IMG_4270.jpg

奥のタパスのサーモンの上に乗っている白いひもは、アングラスと言います。
地元では略してグラと言って、本来はウナギの稚魚をさすんですが、
これはかまぼこで作ったニセモノ。
といっても、目をふさいで食べるとどっちか分からないくらいだとか。

IMG_4274.jpg

こうして、タパスを巡るマドリッドの夜がふけていくのでした。


人気ブログランキングへ なんてゴキゲンなんだスペイン。
 でもでもでも、バルセロナはもっとすごいらしい!
スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
あっはっは!

majiro

Author:majiro

企画マン まじろー
(写真:右)
 このブログの執筆者
2009/2
 サラリーマン卒業!
2009/5
 フィレンツェでコック修行!
2009/9
 プーリアでコック修行!
2010/4
 ヨーロッパ旅行
 『世界の緑から』へ出発!
2010/5
  帰国。(東京→三重へ)

デザイナー  ユー
(写真:左)


暦の上で
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
いろんな本棚



まじろんちの樹
最新記事
- - 最新記事 -
たき火を囲みながら。
昔の思いで
検索してくれるらしい
オススメ作品
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

黒いもじゃもじゃ
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。