スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#148 ベルリンの壁(13日目)

4/16(金曜日)

ドイツの街。堅い。そして寒い!


僕の使っている包丁はGLOBALっていうシリーズなんだけど、
そのキャッチコピーに、“イタリアのデザイン、ドイツの堅牢、日本の精密”
とあったのを思い出した。
             →(GLOBAL

IMG_2600.jpg

意外かもしれませんが、ベルリンの観光スポットは多くはなく、
ごくごく日本に似たオフィス街の風景やショッピング街のエリアが多い。
(オフィス街は品川のようで、ショッピング街は名古屋の栄のよう)
そこに歴史的建造物が点在するようなイメージ。

IMG_2394.jpg

観光地なのに人がいない。天気が曇っているせいもあるけど、
どことなく冬!といった感じの街。

IMG_2416.jpg

ジャンダンメンマルクトというベルリンで一番美しい広場。
なのにやっぱり人がまばらにしかいない。観光スポットのはずなのに・・・?
イタリア人なら、なんでもない広場でも集まって騒いでいるというのに。

IMG_2570.jpg

戦争の生々しい傷跡が残るこの教会。
小雨がふったりやんだりしているせいか、人がまばら。

IMG_2439.jpg

冷戦時代、この門はベルリンの壁が目の前に立ちふさがって閉ざされた門となり
東西統一の際に、壁を乗り越えるドイツ国民のどことなくショッキングな
映像を覚えている人も多いのではないでしょうか。
 (2人の軍人は、本物の軍人さんじゃありません。)

というように、各地をまわったんですが、どうにも観光客が少ない。
パリで一度脱ぎかけた革ジャケットを着込んでもまだちょっと寒い。つまり冬。
冬だから人がいないのかな?

フィレンツェやパリに比べると、正直なところ地味で派手さはないけど
電車も遅れないし、街は清潔だし、まじめな感じがしました。
そのせいか観光客は少なく、観光地特有の浮き足立った雰囲気がない。
騒いでいる若者、酔っぱらい、等々も他の国に比べてかなり少ない。

IMG_2466.jpg

街にある建造物のレベルは高く、戦争で焼け落ちた街だけに現代建築が立ち並ぶ。
ただ、ハードはすごいけどソフト(中身)がイマイチ充実していない。
ファッションやインテリアなんかはパリの方がすごかった。

IMG_2473.jpg

電車、ドイツ車、建物、なんかどれもでかくてゴツい。まさに堅牢。

IMG_2595.jpg

フライパン一枚とってもそう。丈夫そう。
デザインよりも頑丈さ? フランスとは対極をいく。

IMG_2482.jpg

そして、今日も帰路につく。
先日紹介した「Michelberger Hotel」は、予算の関係でたった2泊だったため
きょうからはまた安宿へと帰るのでした。


「ベルリンは、パリやフィレンツェみたいな
      分かりやすい観光地じゃないよな。」

「なんとなく日本の都会と似てる。。。」



人気ブログランキングへ そう思ってまた明日も町中を歩き回るわけです。
 一日平均10時間のウォーキング運動中!なんの修行だ。
スポンサーサイト

コメント

Secret

あっはっは!

majiro

Author:majiro

企画マン まじろー
(写真:右)
 このブログの執筆者
2009/2
 サラリーマン卒業!
2009/5
 フィレンツェでコック修行!
2009/9
 プーリアでコック修行!
2010/4
 ヨーロッパ旅行
 『世界の緑から』へ出発!
2010/5
  帰国。(東京→三重へ)

デザイナー  ユー
(写真:左)


暦の上で
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いろんな本棚



まじろんちの樹
最新記事
- - 最新記事 -
たき火を囲みながら。
昔の思いで
検索してくれるらしい
オススメ作品
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

黒いもじゃもじゃ
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。