スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#127 男子、壁を乗り越えるべし2

 過去の思い出 
   このお話は過去のお話です。
   イタリアも起業も料理も関係のないお話です(^_-)
          (→若毛のヨミカタ




というわけで、無事に「ベッドメイキングのおばちゃん対策」が功を奏し、
なんとか難を逃れたのだったが、いつまでもこのままじゃいかんのは知っていた。

さて問題は、どうやってこの事を先生に伝えるか。

白熱した真剣な協議の結果出たのが、寝相が悪かったことにする。
そして深夜に、先生の部屋へ謝りにいくという、特に練られていない計画!
先生も寝ぼけてるから大丈夫とのこと。そうなのか。そういうもんなのか。
(他人事だと思ってこいつら)

そんな寝相あるか!と思いつつも、そこは修学旅行なのでいいだろうと思い、
消灯時間になったため、まあ寝ました。

目覚ましを深夜の3時にセット。
         とけいだ
ジリリリリリリリリリ・・・。

アックン:「おい!おきろよ!よく熟睡できるなお前は!」

   僕:「ん。。何?」

アックン:「先生の所にいくんだろ!起きろよ。」

この人のいい優等生は、なんと自分の目覚ましをかけて僕を起こしてくれたのだ。
そういえば、計画では深夜なら先生も寝ぼけてるから怒られないという事だったけど
問題なのは、肝心の自分まで寝ぼけていることだった。


しぶしぶ先生の部屋へ足を運び、ドアをノックすると、普段メガネの先生が
メガネ無しで目をこすりながら出てきた。なるほど寝ぼけている。
生徒指導の先生は、あからさまに不快な顔で

先生:「・・・どうした。こんな時間に。」

 僕:「寝返りを打ったら、壁に穴を開けてしまいました!」

先生:「・・・。」

 僕:「・・・。」

先生:「・・・明日な。明日。」


おおおお!すげー計画。一切怒られなかったぞ!
usagi.jpg

しかし、それで終わるわけもなく、
次の日には朝からこっぴどく怒られ、
旅行中は何かと先生達の雑用を
やるはめになった。

そうは言っても残りの修学旅行も
たのしく過ごし、帰る頃には
既に壁の穴は思い出と化していた。


ところが、数日後。 
案の定、生徒指導室に呼び出された。
そして、反省文を書けというが、
ベテランの反省文文豪の僕には
5枚くらい一息さなどど
タカをくくっていたら、
先生とつぜんニヤニヤして迫る。


先生:「ほんとは寝返りじゃないんだろ。怒らんから言ってみろよ。」

 僕:「・・・。はい。調子に乗りすぎて壁を蹴り破りました!」

先生:「バカもぉん!!!!!!
    やっぱりな!!子供かお前は!!


 僕:「うっ。(怒らんって言ったのに。)」


大人ってうそつきだと子供心にトラウマとなりましたけども、
それがPTSDと呼ばれるなどと知る頃には、同じような大人になっていました。

とにかく、おかげで反省文が10枚になった。
修学旅行とは珍妙な旅である。



 将来を恐れるものは失敗を恐れておのれの活動を制限する。
 しかし、失敗は成長に続く唯一の機会である。

 まじめな失敗は、なんら恥ではない。
 失敗を恐れる心の中にこそ、恥辱は住む。


         (ヘンリー・フォード:1863-1947。フォード・モーター創業者。)
ford.jpg
ちなみに後日 請求書が届き、“壁一式 20万円也” とあって
一瞬絶望したのだけも、世の中には「修学旅行保険」たるものがあり、事なきを得た。
その保険の存在を知ったと同時に、こういうやつもやっぱり多いんだなと悟りました。

なんだどうせなら、ヒト型にでも壁を破っておきゃよかったよ。
失敗を恐れる心の中にこそ、恥辱は住むんだから。
まだまだ大胆さが足らんかったと反省する次第でした。

と反省文には書かなかった事は言うまでもない。


人気ブログランキングへ 父よ、母よ、先生よ、ホテルよ、すいませんでした。
 心から反省してます!
スポンサーサイト

tag : 修学旅行 九州 長崎 反省文 ヘンリー フォード

コメント

Secret

No title

「寝ぼけてるうちに・・」て・・「おお!それいいやんv-21」て思ってしまった(笑)
でも最後の最後に正直に答えてしまうとこがまじろーさんらしいなぁ。
大人って理不尽・・・勉強になったね!フフフ
けど、反省文5枚から10枚にって先生も安易やな(笑)
修学旅行保険なるものがあるってことにびっくり@@!
うちの息子の修学旅行の時も大丈夫やな。安心安心・・・(?)

No title

自宅にそういう穴を作り、ゴミ箱代わりにしている男子がいました。。。。v-389

応援!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>とっすぃぃぃさん

まったく大人の世界は汚いと
こども心にふかく傷ついたもんです。
(こどもって年でもないか。)

なぜか思春期には壁に穴があく事がおおいようです。
あ、世間一般的に。

ゴミ箱になった穴も、きっと思春期なんです。
大人になるための階段なんですなぁ。。。

虎穴に入らずんば孤児を得ずというやつですな。

No title

>なおぴちさん

そもそも、故意におこった過失事故に
いくら保険でも補償されるの?!
という疑問があるんですが、
きっと思春期特約みたいなんがあるんでしょう。

息子さんにも、思春期とはそういうもんだと
よろしくお伝えください。

あいた穴の数だけ大きくなると。
あっはっは!

majiro

Author:majiro

企画マン まじろー
(写真:右)
 このブログの執筆者
2009/2
 サラリーマン卒業!
2009/5
 フィレンツェでコック修行!
2009/9
 プーリアでコック修行!
2010/4
 ヨーロッパ旅行
 『世界の緑から』へ出発!
2010/5
  帰国。(東京→三重へ)

デザイナー  ユー
(写真:左)


暦の上で
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いろんな本棚



まじろんちの樹
最新記事
- - 最新記事 -
たき火を囲みながら。
昔の思いで
検索してくれるらしい
オススメ作品
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

黒いもじゃもじゃ
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。