スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#115 告白

      らるこ


    僕はそれが絶対に許せない。

         ・・・ふたりはどう思う?」



1/29(金)夜

その日、夜のまかないを食べるその少し前のこと。
オーナーとその妻であるシェフを呼び、僕らは3人で話をした。

  「ここ2ヶ月、ユーはずっと先輩から暴力を受けている。
   厨房でも家でもいつも。毎日。
   最初は、何度も同じミスをした時だけだったけど、今では・・・
   何にもなくても八つ当たりで殴る、蹴るが続いている。
   僕はそれが絶対に許せない。
   ふたりはどう思う?」


けっして流暢ではないイタリア語だけれども、僕はそう伝えた。

  「それは本当なの?私は見たことないわ?あなたが入院した後のこと?」
イタリア人らしく驚きを隠すことなくそう言った。

  「そう。人がいるところでは決して見せないけど、ユーは体中にアザがある。
   目の周りが青くアザになってたのはみてるでしょ?あれもそう。」


  「はずかしい。この厨房でそんなことが起こってるなんて問題だわ。
   確かにユーは料理の基礎ができてないし、イタリア語もよくないわ。
   けど暴力は汚いわ。信じられない。」



僕は実情を細かく話し、いくつかの会話の後、
いままで黙っていたオーナーが口を開いた。

  「わかった。やっぱりユーはここを辞めなければいけない。
   暴力はよくない。ここから離れた方がいい。」


少しの沈黙が僕らの間を流れた。


  「それから君は、ユーと一緒に行きたいの?
   私達は、君には残ってほしいと思っている。
   ただ君とユーはずっと一緒にやってきたのだろうし君の人生だから、
   それは君が決めていい。そして1週間以内に答えを聞かせてくれ。
   その後で、みんなで話そう。」


  「・・・ わかりました。」



     1038086.jpg 

その後も当然仕事は続くわけですが、不思議なくらい冷静な気持ちでした。
そしていろんなことが頭をめぐっていきました。


  そういえば、暴力を振るう人については、何も触れてなかったなー。

  ユーのことはきちんと考えてくれたのかなー。

  僕らは外国人の使用人なんだよなー。しかもヨーロッパは契約社会だし、
  仕事以外のプライベートには踏み込まないのが普通なのかも。

  やっぱり海外は、Yes No がはっきりしてるんだなー。


僕も結論としては、ユーがここを離れることが最優先だと思っている。
けど、一連の事件に関して、暴力をふるう人についての
話が全くなかったことがひっかかっていた。

ユーがいなくなるだけで、この問題は解決すると思っているのかも。
僕はそんな風にも思ったんだけど、これが文化の違いによるものなのかどうなのか、
ちょっとよくわからなかった。

      IMG_0684.jpg

帰り道、独りになる時間があった。
共同生活なので、なかなかそういう時間はない。
月が明るくて、風もなく、人も歩いてないからすごく静かないつもの道で

ため息を1つついたら、
なんだかどっと疲れた気がした。


人気ブログランキングへ 会話も気持ちも、すべて今、現実に起こっていること。
 シリアスな話が続いて申し訳ないです。

スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>シリアスな話が続いて申し訳ない
なんて思うことはないよー。
文章が上手で状況がとってもよく伝わってくるわ。
「心」がしんどい時は体だけでも大事にせなあかんで。
写真・・すごい寒そう。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
あっはっは!

majiro

Author:majiro

企画マン まじろー
(写真:右)
 このブログの執筆者
2009/2
 サラリーマン卒業!
2009/5
 フィレンツェでコック修行!
2009/9
 プーリアでコック修行!
2010/4
 ヨーロッパ旅行
 『世界の緑から』へ出発!
2010/5
  帰国。(東京→三重へ)

デザイナー  ユー
(写真:左)


暦の上で
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いろんな本棚



まじろんちの樹
最新記事
- - 最新記事 -
たき火を囲みながら。
昔の思いで
検索してくれるらしい
オススメ作品
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

黒いもじゃもじゃ
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。