スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#170 業者のまわしもの呼ばわり。

IMG_0013.jpg

Bouillabaisse ブイヤベース

有頭エビ   ワタリガニ
ホタテ    アサリ
赤魚     たら
タマネギ   じゃがいも
フェンネル  サフラン
フュメ ド ポワソン
塩 こしょう


ということで最近はまめに料理しております。
イタリアンの他、スペイン料理やフランス料理などもトライ。
調理ってなんですか?という日々。

そして2週間ほど前に買ったこのストウブ社のココット。
グレナディンレッドというカラーで、平たく言うと赤ですな。
なんともセクシーなルックスだけども、すごいのはその機能。

ここっと

横文字が並んでいてよくわからんので、簡単に言うと、
「フタが激しく重くて蒸気が逃げず、さらにフタの突起をつたって蒸気が水になるため
 水分が逃げずに、蒸し煮のようになって素材がおいしくなりますよー」

とのことです。

他には、
独自の構造や素材によって、熱がしっかり伝わるため料理時間短縮。
オーブンにまでそのままつっこめる。こげつきにくい。

などなどかなり使える道具なのです。

ちなみに写真は、23cmのオーバルのもので、定価は24000円程度します。
しかーし、経済大国ジャポン。
ネットならだいたい半額の13000円くらいで買えます。

ヨーロッパで買うより安いのはなぜ???

ちなみにカラーバリエーションが豊富なのはル・クルーぜ。
性能がいいと言われるのはストウブ社のココットです。

こいつはオススメです。(業者のまわしものか。)


ps
「レシピブログ」で姉妹サイト「じぶんち島のレストラン」のレシピを紹介してます。
そのレシピには、イタリアで覚えた本場の料理がアップしてあります(^_-)
よろしくどうぞ。
http://www.recipe-blog.jp/mypage/r.cgi/top.html?id=19453


人気ブログランキングへ これはとてもほしかった道具の1つ。
 いやぁ たまりませんな。
スポンサーサイト

#169 スポ魂。熱血コーチとゲロ部員3

 過去の思い出 
   このお話は過去のお話です。
   イタリアも起業も料理も関係のないお話です(^_-)
          (→若毛のヨミカタ



ko-to.jpg

気がつくと、赤と緑のリングに沈んだままどうやら気を失ったらしい。
安い放送作家が描くような、いわゆる死にかけの刑事仲間みたいに
奥野にささえられながらよこたわる僕。
将来柔道部へと転向するその手も、ネガティブなだけのその口もタバコ臭かった。

しばらくするとユーが猛烈に走ってこっちへとくる。
完全に常軌を逸した真剣な表情。

「おい!大丈夫か!!」
眠っている間にどうやら熱血になったらしく。マツオカなまなざしで叫ぶ。

「今、救急車呼んだから心配するな!」
どうやら家までひとっ走りして救急車をよんできてくれたのだ。
熱血鬼コーチは、怪我をおった部員に対して熱い視線を送る。
「タイタンズをわすれない」のデンゼルワシントンも表現できなかったその恍惚の表情。
うちのコーチは、それをさらっとやってのけたのだった。

ただ、僕は内心、その真剣さにちょっとひいていた。
なんちゅうか、その。
真剣なシーンでちょっと申し訳ないのだが。。
今でこそ言えるのだけど。

その。なんというか。


臭かったのだ。


コーチの足が。


普段別に、臭いタイプでもないし、どっちかといえば清潔感のあるタイプで
きゃしゃでシャレオーツなコーチには珍しいソラマメ臭。ゆで上がったソラマメの湯気。
まめ
僕は、コーチの自家栽培ソラマメとダウナー系チームメイトのタバコ臭で、すっかり萎えている。
その二大スメルの豪華競演は、すでにぶつけた後頭部よりも気になっていた。
彼らの真剣な表情とセリフとは裏腹なその臭いが、心底マヌケなのである。すいません。

「あ、大丈夫だから。。。」
ようやく言えたのがこの程度のセリフだった。
我ながらセンスない役者なのだ。プロ根性もスポ魂もないフヌケたセリフ。。。

ko-ti.png
 (コーチ)


結局のところ、どんなにドラマチックなシーンであっても臭ければダメなのである。
いかにキムタクでも月9でシビレルようなセリフを口走ってる時に、
ソラマメの臭いがしてはアカンのですな。

プロポーズする時なんかはいい。
あらかじめシャワーを浴びてコロンの1つでも振りかけられる。

問題は、とっさの緊急事態なのだ。
そのとき、いかにスマートに対応するか。
それよりも大事なのが、とっさのフレーヴァーなのである。
真剣なシーンほど、臭いというのは、人をマヌケに見せる。


そして万が一の時にそなえて、僕は今日も軽石で足を入念にこする。


人気ブログランキングへ その後、病院でCTスキャンをしました。
 カメラの動きに酔い、ソラマメの記憶がフラッシュバックし、
         仰向けのまま大量のゲロが吹き出しました。(ほんとに実話)

#168 スポ魂。熱血コーチとゲロ部員2

 過去の思い出 
   このお話は過去のお話です。
   イタリアも起業も料理も関係のないお話です(^_-)
          (→若毛のヨミカタ



というわけでよく晴れた日曜に自主練をする僕ら。
この自主練というフレーズがなんというか甘い気持ちに僕らをするけど、
針の穴に糸を通せないほどの集中力の僕らじゃあ、昼過ぎには遊び始める。
根がダメなのである。

奥野はすでにネット際で喫煙にいそしみ、テンションはローボレー。
この人はねっからのダウナー系なのでしょうがない。

                         (奥野という生き物はコチラ

ついにはクレーのコートでチャリンコを乗り回すというあるまじき練習へと発展した。
ぼくらの自主性はもうただの悪い方向へと向かっていたのでした。

ネット際で喫煙する奥野さん。サービスエースを狙う熱血コーチのユー。
そしてリターンエースをチャリにまたがりうかがう僕。 
画的にはスポーツマンシップはない。修造にはきっと殴られるプレーの数々。
それでもチャリのレシーバーに向かって容赦なくサービスを叩き込む鬼コーチ(ユー)。

そしてついに僕らは、ラケットそのものを捨てて真に自由なスポーツマンへと進化する。
チャリを思いっきりこぎ、後ろブレーキをぎゅっとかけて
180度ターンするエクストリームスポーツ。

いわゆるワンエイティと呼ばれるバイクのアクロバットテクニック。
その練習に情熱を傾ける腐った果実。

   ばいく
 (こういうのにカッコよさを感じる)




ぎぎぎぎっぎいぎぎぎぎぃぃぃ!


「いまの240度はいったんじゃない?!!すごいな!」

ユーは、すごいのである。もうすぐ一回転できるほどにキレている。
会場のサポーター達はもう憧れのよだれが出ている。さすが鬼コーチ!

「俺もやる!おれも!」

そういって次々に怖いモノ知らずのテニス部員たちがトライする。
こういうのは得てして、エスカレートして、バッドエンディングを迎える。
僕らはその、誰がドボンするかというスリルさえも期待していた。

そして僕の番。

渾身の力を込めて漕ぎだす!
今までにない助走距離!
ブレーキがちぎれるほどに握りしめ、渾身の力でチャリのケツを振り回す!


180度きっかり。


正反対な様子を180度正反対などと言うけど、それはほんとうに真逆を表す。
そして、この”きっかり”というのがアブない。

10代のまっすぐ前向きな情熱と物理エネルギーは、急にはおさまらん。
180度向きを変え、勢い余ったチャリは僕を乗せてバク転をかます。

僕はチャリごと後頭部を赤と緑のリングに打ち付け、バックドロップで沈んだ。

IMG_2301.jpg



どのくらい時間がたったのか。
目を覚ますと蒼井そらがひろがり、奥野に抱えられている。。。

あ。青い空。


(つづく)


※よいこはまねをしないでね。

   tyari.jpg




人気ブログランキングへ 目を覚ますと、意外な展開に。
 次回は熱血鬼コーチが活躍します。

#167 スポ魂。熱血コーチとゲロ部員1

 過去の思い出 
   このお話は過去のお話です。
   イタリアも起業も料理も関係のないお話です(^_-)
          (→若毛のヨミカタ


       らけっと
ご無沙汰していましたまじろうです。

さて最近髪を切りました。
前髪がアゴまで届くあの日々。自分だけがカートコバーンの気持ちで
ロックな日々を過ごしていましたが、そうもいかずうさんくさい人卒業です。
そして同時に梅雨入りです。

  IMG_4152.jpg IMG_4280.jpg
      (ヨーロッパ旅行の最後のあたりの二人。汚い。)

そんな爽やかさレスなルックスのせいでなかなか想像できないでしょうが、
僕は学生の頃、テニスに熱中する日本男児だったのです。
そしてユーも同じテニス人で、実はこの頃からダブルスを組んでいるありさまでした。

ただーし、僕らの学校は地域でも有名なテニス部。
それはその「強さ」じゃなくて、「弱さ」で。
僕らと対戦って決まると、相手にラッキーと言わせるほどに。

白バイ3億円強奪犯の指名手配に似た顧問の先生以下、ほんの少しの先輩達は
特に何も教えてくれず、なぜか多い僕らの学年だけ完全に独学でやってるわけだから。
ま、当然って言えば当然なんだけど、それがやっぱり悔しい。
だって、部室を燃やしてるくらいしか活動実績がないから。

       しろばい

というわけで、僕らは日曜日も自主練をする事にした。
あ~なんてステキな響き。自主練
ほかのゴロツキよりも一歩進んだ感じ。日曜なのに早起きな感じ。

場所は、ユーの家の近くの市営のボロコートで、ユー奥野総長
朝からジャージであつまる田舎学生の僕ら。
さてランニングから始めるのでした。。。


(つづく)


人気ブログランキングへ 久しぶりに記事を書きました。
 すこーしずつアップしていきますね(^_-)

tag : テニス 地元 三重 友だち

あっはっは!

majiro

Author:majiro

企画マン まじろー
(写真:右)
 このブログの執筆者
2009/2
 サラリーマン卒業!
2009/5
 フィレンツェでコック修行!
2009/9
 プーリアでコック修行!
2010/4
 ヨーロッパ旅行
 『世界の緑から』へ出発!
2010/5
  帰国。(東京→三重へ)

デザイナー  ユー
(写真:左)


暦の上で
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
いろんな本棚



まじろんちの樹
最新記事
- - 最新記事 -
たき火を囲みながら。
昔の思いで
検索してくれるらしい
オススメ作品
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

黒いもじゃもじゃ
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。