スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#13 将来って?

オレンジ上

今後の事は、全部自分で決める!
そんな人生がスタートしました(笑)


何も決まってない人生に不安を感じるか、
将来は無限の可能性だと笑えるか、紙一重!

ということで、今日はこれからの計画を書こうと思います。

以前書いたように、
僕は“飲食店プロデューサー”の会社を目指します。
飲食店マネジメント、グラフィックデザイナー、インテリアプランナー、
フードコーディネーター、コック、ソムリエなどのプロが集まった
プロデューサー集団を作りたい。

そして今までになかったような企画を実現させたり、
技術や情熱はあるけど、何かで困っている飲食店を
助けていきたいと思っています。

そのために、自分たちも飲食店経営をしなくてはいけない。
やったこともないのに、机上で考えて口だけ出すのは嫌だし、
それ以上に、飲食店を作って、日々お客さんを迎えるのが好きだから。

自分たちで店を作るのなら、コックが要るなー。
でも最初から雇える余裕はない。。。。
じゃー自分でなるしかないか。ユーと二人でコックになるしかないか。
いないから諦める?それだけはないなー。
何をやるにもまずは現場に行きたいし!


僕らは27歳だから、早くから働いているコックに比べて10年近い遅れがある。
正直、劣等感を感じる。それでもやるしかない。
やれるやれないの余裕ないし、ほんとにやるしかない。
だってもう退社したから。はっはっは。

まずは日本で数ヶ月の間、料理修行して、
せっかくだから料理の本場にも行くか?
イタリアでへ飛ぶかな
無茶かもしれないけど、
見ないと気が済まない。

そして帰国後に修行と開店準備をして、
いまから2年後に1店舗目の立ち上げだ!

そして新しい企画の飲食店をバンバン実現させていきたい。
このくらい無茶な計画を実現させていかないと、その先はない!
というかもうなくすものはない・・・。

1mmの可能性があれば何だってしてやる。
だってもう退社したからなー。はっはは。


  人気ブログランキングへ 押してくれてるみなさん。
  ←いつも応援ありがとうございます(^_-)

スポンサーサイト

tag : 飲食店プロデューサー 起業 退社 イタリア コック 料理修行

#12 嵐の前に。

地元三重で骨休め


ということで
これから1週間ほど地元の三重にかえり、地元のみんなに報告と、
つかの間の休憩をします。
伊勢神宮にも願掛けにいき、
地元松阪で松阪牛を食べたりとゆっくりします。

IMG_1488.jpg IMG_1426.jpg
うなぎと言えば「はし家」    伊勢神宮 てこね寿司「すし久」

IMG_1381.jpg 




top2.jpg

焼き肉はやっぱり松阪牛に限る

IMG_1013.jpg IMG_1000.jpg
伊勢神宮近くの、昔ながらの町並み。夜のおかげ横町


三重県はうまい!


  人気ブログランキングへ 押してくれてるみなさん。
  ←いつも応援ありがとうございます(^_-)

tag : 三重県 うまいもの 松阪牛 焼き肉 うなぎ 起業 若手 伊勢神宮

#11 送別会がすべて終わり、感じた事

アラビアータ上

「これから何するの?」「なんで会社辞めるの?」


2009/2/10

今日の送別会で、いよいよキヤノンの皆さんからの送別会が終わり。
最後の飲み会は、工場時代の職場の皆さんで、
いつもどおり激しい飲み会でした。
厳しい中にもあったかさのある、とても信頼できる人たちで、
仕事に対してのプライドや取り組み方も、
尊敬できる最高のチームでした。

そして、全16回にわたる送別会は幕を閉じました。


正直言うとこの頃の僕は、相当疲れていました。
宴会の数が多いのもありますが、それだけではなく、
会社で勤務中も四六時中、退社の話を聞かれるからです。
トイレでも給湯室でも廊下でも。
その度に全部を説明しないといけないので
誰とも会いたくないと思い、目を伏せてしまうほどでした。

転職ではなく独立で、しかも次が決まっている訳ではないだけに
説明が複雑で、自分の本心をさらけ出すようで
かなりストレスが溜まっていました。

「何をするの?」
「どうして退社するの?」
「次は決まっているの?」・・・



毎日が入社面接みたいです。
ただこのおかげで自分が何をしたくて、
何をまだ考えきれていないかがはっきりしました。


しかも
いろんな人と話す事が多かったため、いろんな考え方を聞きました。
僕は今まで、仕事への取り組みが中途半端な中年社員を嫌っていました
でもある人が飲みながらこういっていて、ハッとしました。

「俺も若けりゃお前みたいに冒険したいよ。けど子供もいるしな。
今は、やりがいよりも二人の子供を守る事が一番だよ。
若いやつにバカにされようが、面白くない仕事ばっかりでも、
子供のためなら、会社にしがみついてでも耐えられるよ」


その人は別に中途半端に仕事をしている訳じゃないけど、
そういう戦い方もあるんだなと思った。
最近仕事の事ばかりを考えていたから、
他の大事なものがあることにはっとさせられました。

しがみついてでも守る。
こういう生き方もカッコいい。


この1ヶ月間は、苦しかったけど改めて自分の決断を試されているような
そんな大切なステップとなりました。

これからの事を考えて包丁を贈ってくれた皆さん。
アルバムや寄せ書きを作ってくれた皆さん。
遠くから送別会に駆けつけてくれたみなさん。
あたたかいメッセージや励ましをくれた皆さん。
本当に感謝しています。サラリーマンになって本当によかった。
それでは、いってきます!


  人気ブログランキングへ 押してくれてるみなさん。
  ←いつも応援ありがとうございます(^_-)

#10 同期という仲間

IMG_1192.jpg
   IMG_1181.jpg


「男女9人、ディズニーシー!」


だめだろ!こーゆーのはチュ学生くらいまでにしとかないと!

入社してすぐの研修時代の同期とディズニーシーにいってきました(笑)
退社の送別会を小旅行でやってくれたのです。

「いろんな送別会してもらってるだろーけど、
 オレらにしかできない送別会にしてやるよ」(同期)

うれしいんだけどね。
この年で、男女9人でディズニーって
ちょっとはずかしいと思ったけど
逆にそーとーおもしろかった。

研修時代は、まだ学生気分も抜けきらず、
こうやってみんなで小旅行をいっぱいしたので。
なつかしいし、一緒にいてほんとに楽しい。

朝からずっと遊びまわって、夕食を食べているときに
同期の俊輔と2人で5分くらい席を外して外で立ち話してた。
特に何ってわけじゃないんだけど、

「前の合コン、いい子がいてさ~」
「あ、そーなの?前の子?」
「前?どの前?」
いいや。前でも後ろでも。そんな風に思いながら、
普通の雑談してみんなのところへ戻る。

「なんだ?なんかみんな集まってる」
変な感じもしたけど、特に気にせず席に戻ろうとすると、

「これ、卒業アルバム!」

彼ら自作の卒業アルバムでした。
ちゃんと製本されていて、それぞれの写真の下にメッセージもあり、
1人になっても同期は同期だっていう応援でした。
これにはなんだかじ~んときた。

みんな明日仕事だからそろそろ帰る時間だなーと
思っていたぐらいなので驚いた。

朝からずっと持ち歩いてたのか?そんな大きなもの。
そのあたりも地味にじ~んとくる(;_:)

IMG_1305.jpg

同期がいるのも、大きな起業ならではの良さ。
この輪から外れる事を、とても寂しく思う。



  人気ブログランキングへ 押してくれてるみなさん。
  ←いつも応援ありがとうございます(^_-)

あっはっは!

majiro

Author:majiro

企画マン まじろー
(写真:右)
 このブログの執筆者
2009/2
 サラリーマン卒業!
2009/5
 フィレンツェでコック修行!
2009/9
 プーリアでコック修行!
2010/4
 ヨーロッパ旅行
 『世界の緑から』へ出発!
2010/5
  帰国。(東京→三重へ)

デザイナー  ユー
(写真:左)


暦の上で
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
いろんな本棚



まじろんちの樹
最新記事
- - 最新記事 -
たき火を囲みながら。
昔の思いで
検索してくれるらしい
オススメ作品
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

黒いもじゃもじゃ
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。