スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#181 料理写真を撮る。ちょっと過酷な裏話。

IMG_5269.jpg

というわけで、ぼくらの企画書をつくるための料理写真撮影。
これは、ぼくらのやりたい料理をダイレクトに表現するものなので、
ふたりとも気合いはいってます。
しかもデザイナーがいるわけなので、手は抜けない!

■食材調達

まずは全部で20のメニューを選んで、食材をぜーんぶ調達しないといけません。

スーパーをまわる事、7店舗!
それでも揃わなければ、市場へ!
それでもだめなら、ネットで取り寄せ!

イタリア食材、そろえにくい!!(三重県だから?)


IMG_5227.jpg

■食器さがし

その次が、料理のアートディレクション。(横文字にするとカッコいい)
光の当て方やイメージ。小物で出す雰囲気をいかようにしますか的な。
そして食器探しが大変。

これには瀬戸物で有名な愛知県の瀬戸市の、
食器が3000点もある業者さんへ行きました。
フードコーディネーターのヒトミもついてきて、3人でちょっとした遠足みたい。
 (ヒトミは、現在名古屋のレストランで働いています。)

そして集めた食器が上の写真。
(実は机に乗りきらないのがこれと同じくらいあります。)


IMG_5253.jpg

■料理と撮影

そしていよいよ撮影。
初日は、我が家の空いてる部屋を改造して仮設スタジオを作り、
料理の置き台や照明等の機材をセットし、1メニューだけの撮影をしました。
なんと照明は全部で4機!

作れるものは作っていく派なので、照明ももちろんオリジナル照明?!
そして残りの19品を2日で撮影するという強行スケジュールでした(笑)。

ちなみにユーは、1日あたり800枚程度を撮影していて(苦)、
途中で何度かこうつぶやいていました。


「くらい部屋でモニターとレンズを交互に見てると、
 乗り物酔いみたいになるなぁ」


だそうです。
         ホーロー
一人は、毎晩翌日の仕込みと買い物をして、日中は朝からひたすらキッチンで料理。

もう一人は、毎晩写真の編集や加工をして、日中はくらい部屋でひたすら撮影。



それぞれ別々にやってるんだけど、どこか一体感があって、とてもスムーズ。

この1年のイタリア遠征で、
いよいよ息が合ってきたんだなぁと実感しました(笑)。



人気ブログランキングへ 料理の説明は、「じぶんち島のレストラン」をどうぞ。
 →こちらへどうぞ。
スポンサーサイト

tag : 料理 写真 撮影 自宅 食材調達 食器

#180 僕らのフルコース 裏話9

21IMG_0757_2.jpg

Parfait di arancia
オレンジのパルフェ


彩りのきれいなフルーティーなドルチェの登場です。
僕はというと、やっと夏らしいドルチェが!と思いました。

しかし、このドルチェは厳しかった。


撮影はすべて一発撮りのため、機材のスタンバイやスタイリングなどの前準備をして
さらに写真を何度も角度や設定を変えて取り直し、それをPCのモニターでチェックして
と最短でも30分はかかり、難しいものだと1時間近くかかったりします。


溶ける溶ける初夏の昼下がり。


ラストのメニューでしたが、最後が一番の激戦となりました。



さて、明日は、僕らの撮影風景をご紹介。


人気ブログランキングへ 料理の説明は、「じぶんち島のレストラン」をどうぞ。
 →こちらへどうぞ。

#179 僕らのフルコース 裏話8

今日はユーのドルチェです。

20IMG_0655_2.jpg

Crema catalana
クレマ カタラーナ


ちなみに僕ら二人は、一応担当が決まっているんです。

アンティパスト(前菜)、セコンド(肉/魚) →まじろ
プリモ(パスタ)、ドルチェ(デザート)   →ユー

今回はユーが撮影で大変だったため、パスタも僕が作ってたんですけど
ドルチェは、作り置きができるため、ユーが作ってきていました。
本邦初公開の、ユーのドルチェです。(おおげさ?)


19IMG_0584_2.jpg

Fran di cioccolato
チョコレートのフラン


フランってスプーンをいれると、中身がとろっと半生でとろけてくるのがおいしい。
そーいえば、イタリアのある料理人が言っていました。

「レストランのドルチェは、お菓子屋さんではできない事をしないといけない。
 焼きたてとか、凍っているとか、その場で食べるのが一番おいしいもの。
レストランでしか食べられないドルチェであることが大切なこと」と。


当たり前の事なのかもしれないけど、当時、ほぉぉぉぉぉー!なるほど!!
と思ったものでした。


人気ブログランキングへ 料理の説明は、「じぶんち島のレストラン」をどうぞ。
 →こちらへどうぞ。

tag : クレマカタラーナ ドルチェ イタリア料理 フルコース お菓子 チョコレート フラン

#178 僕らのフルコース 裏話7

それでは本日も、最近僕らが取り組んでいる料理紹介。


16IMG_0390.jpg

Carne affumicata [agnello]
子羊の薫製


2年前。
サラリーマンで横浜のマンション暮らしだった頃。


薫製にハマっていた僕は、段ボール薫製やら土鍋薫製やらいろいろと挑戦し、
豚バラブロックを2週間かけてベーコンにしてみたりと
都会ではめずらしいスローライフなウィークエンドを過ごしていました。



ベランダで。


ところがやっぱり火事と間違われそうな煙の量のため、自主規制によって
薫製ブームは、そそくさと短命に終わっていったのでした。。。


18IMG_0108.jpg

Insalata di Arancia e finocchio
オレンジとフェンネルのサラダ

2年前。
サラリーマンで横浜のマンション暮らしだった頃。


自分の部屋の緑化委員会会長だった僕は、室内に20を超える大小さまざまな
観葉植物を飼育していたものでした。
そしてある日、思ったのでした。


「ベランダもいけるか。」


そして40kgの土と少しの肥料を購入し、ベランダに敷き詰めちょっとした
ファーマーの気分になり、悦に入っていました。
しかし、マンションのワンルームのベランダのため、じかにまいた土たちは
雨のたびに隣家に流出しそうになり、つねに保護観察中となってしまいました。

いつしか僕は、農家ではなく土木作業員になってしまったため、
このブームもそそくさと去っていったのでした。
(かなりキレイに掃除しましたが、オススメしません。)


18IMG_0094.jpg

Champignon
マッシュルームのグリル

僕とユーが、ヨーロッパをまわっている時に、立ち寄ったスペインバルで教えてもらった
そんなレシピの1つを日本でもやってみたら、すごくおいしかったので採用。

もうずいぶん昔の事のようだけど、こういう形で旅の記憶が残っていることに
ちょっとした感動を覚えています。。。


   「#158 スペインバルでタパスの夜 (25日目)」
    http://wakage777.blog72.fc2.com/blog-entry-177.html


さて明日からドルチェ!
料理紹介も残すところ後2日!



人気ブログランキングへ 料理の説明は、「じぶんち島のレストラン」をどうぞ。
 →こちらへどうぞ。

tag : スペイン マッシュルーム スペイン料理 ベランダ サラリーマン オレンジ 薫製 子羊

#177 僕らのフルコース 裏話6

14IMG_0033.jpg

Costoletto di Maialino con spinaci
子豚の骨付きステーキ ホウレンソウを添えて

豚は難しいんです。火を完全に通さないといけないので。
普通に焼いてしまうと、水分がぬけてパサパサにできあがってしまいます。

なので、きっちりとスジを切って、脂を取り除いて、
それからワインや香草ででマリネして一晩寝かしたりするし、
焼き方も、強火過ぎると水分が溢れ出してしまうし、
弱すぎでも水分が流出してしまう。

焼くってむずかしい。そして楽しい。


15フライパン横加工

Acqua pazza
アクアパッツァ

この料理って、釣りに行った時に使える。

そう思いながら、最近は釣りに行けていない。
これって釣ったそばで作れるくらい簡単だから、今年の夏は海でこれやる事にします。
アサリのココットとかも海でやれるはず。ひそかに企み中。


17IMG_0789.jpg

Confit di anatra con pure di patate
鴨のコンフィ じゃがいものピューレを添えて

コンフィ。それは低温調理。
80度のガチョウ油脂のなかに鴨肉を入れて3時間。

ガスでやると、温度管理がつらい。つらすぎる。
オーブンなら温度設定しておけば、一応できるわけです。

ただ、もっとすごいのがあるらしい。
それを使えば、楽々につくれるらしい。
どこの家庭でもあるらしいそいつ。


炊飯器。


だそうです。80度まで上げておいて保温しておけばほぼ自動で完成するらしい。
一度お試しあれ。そして結果を教えてください。


人気ブログランキングへ 料理の説明は、「じぶんち島のレストラン」をどうぞ。
 →こちらへどうぞ。

tag : アクアパッツァ コンフィ マリネ イタリア料理 フルコース

#176 僕らのフルコース 裏話5

11IMG_0347.jpg

Spaghetti alla puttanesca
スパゲッティ プッタネスカ

この写真から、企画書に使う部分だけカットするため、若干被写体がちいさい。
しかしです、料理の写真を撮るっていうのは難しいもんなんですね~。
ほうっておくとどんどん乾いておいしくなさそうになってくるんですよ。
特にパスタ。

みりんを塗ると、テカってジューシーな感じが持続するらしいけど、
試食も兼ねているため、ぬれないのです。。

だから時間との勝負。
おいしく食べるためには、はやく撮るのです。


これも「じぶんち島」の「レシピブログ」にレシピ掲載中。
ちょっと手間はかかるけど、あえて料理を楽しんでください。 →こちら


13ブラッサート

Brasato
豚のワイン煮

じつはこれ、ハーフボトル1本くらい使うんですけど、
どうにもこうにも日本で作ると高級料理になってしまう。。。

イタリアなら、ワインってコーラよりやすかったりするし、
同じ銘柄でも日本の半分以下で買えるから、家庭では500円くらいでも
すごくおいしいのが飲めるんですよ。
日本だと料理用ワインくらいしか買えない (:_;)


      12IMG_0191.jpg

Dentice griglia con salsa basilico
真鯛のグリル バジルソースを添えて

焼くだけなので、すっごくシンプルなんですけども、
焼くというのはですね、とても奥が深いんです。。。

鉄、銅、ステンレス、アルミ、テフロン。どのフライパンを使うか?
予熱の程度、強火、中火、弱火。火加減はどうか?
理想のでき加減はどんなのか?

肉にしても魚にしても、ここが今一番たのしいポイントです。
料理がたのしくて仕方ないんです。


人気ブログランキングへ 料理の説明は、「じぶんち島のレストラン」をどうぞ。
 →こちらへどうぞ。

tag : スパゲッティ プッタネスカ ワイン煮 グリル バジル ソース イタリア料理 イタリアン フルコース

#175 僕らのフルコース 裏話4

8ボロネーゼ

Spaghetti alla bolognese
スパゲッティ ボロネーゼ

これもよくよく練習したパスタ。
挽肉を強火でガンガン焼いていくので、いつもキッチンが汚れる。。
中華鍋をつかうと、火の通りもよく、汚れも押さえられる。

とにかく、レトルトや日本風じゃない
これが本当のボロネーゼ!

実は「じぶんち島」の「レシピブログ」にレシピ掲載中。 →こちら


9IMG_0527.jpg

Orecchiette alla cima di rapa
チーマディラーパ のオレキエッテ

このオレキエッテッていうパスタはあまりなじみがないかもしれないけど
とにかく生パスタってうまいな~って感じる一品。
うどんでも乾麺と生麺だとかなり違うでしょ?そんな具合なんです。

これも「じぶんち島」の「レシピブログ」に驚きのレシピ掲載中。 →こちら


10IMG_0254.jpg

Fettuccine alla salsa granchio
蟹のトマトクリームのフェットチーネ

ワタリガニが手に入ったらだいたいいつもやるパスタ。
なんかムーディーなパスタだといつも思う。

これも「じぶんち島」の「レシピブログ」にレシピ掲載中。
ちょっと手間はかかるけど、あえて料理を楽しんでください。 →こちら

3IMG_0443.jpg

Insalata normale
ごく普通のサラダ

イタリアでサラダっていうと、ドレッシングとかってあんまりなくて
塩、コショウ、赤ワインヴィネガー、EXVオリーブオイルであえるだけっていうのが
多かったけど、野菜自体の味が濃いからかなぁ?


人気ブログランキングへ 料理の説明は、「じぶんち島のレストラン」をどうぞ。
 →こちらへどうぞ。

tag : スパゲッティ ボロネーゼ ミートソース ワイン オレキエッテ 菜の花 ワタリガニ トマト クリーム サラダ

#174 僕らのフルコース 裏話3

   6vongole.jpg

Cocotte di vongole alla spagnola
アサリのココット スペイン風

スペイン料理ってとにかくパプリカパウダー多いですよね。
けっこう作り方自体は、イタリアンと似ていて作りやすいんですよ。
すっごい簡単なわりに、だれもがおいしいっていうこのメニュー。
あ、レシピ知りたい人は連絡ください~。

7IMG_0060.jpg

Baccafico siciliano
ベカフィーコ シチリア風

イワシがなんかへんな形に!
というのが第一印象でした。きっと超特殊技法だと思ったけども、
丸めるだけでした。。。

レモンの皮や、レーズン、イタリアンパセリやパルミジャーノの味が爽やかで
ぜんぜん臭くないのはちょっと驚き。さかな苦手のアックンが食べられた一品。
オーブンの予熱がめんどくさかったので、トースターにしてみたら
意外と問題なくいけました。


人気ブログランキングへ 料理の説明は、「じぶんち島のレストラン」をどうぞ。
 →こちらへどうぞ。

tag : アサリ ココット ストウブ STAUB イワシ ベッカフィーコ ボンゴレ スペイン スペイン料理

#173 僕らのフルコース 裏話2

   4IMG_0012.jpg

Sformato di funghi con salsa di formaggio
キノコのスフォルマート  ザバイオーネソース

この料理は、エンドウ豆だったりホウレンソウだったりといろんな野菜で
アレンジができる応用のきく料理なんです。
イタリアでは、なんといってもやっぱりポルチーニを使ったり、
カルドンチェッリを使ったりしてました。
向こうのキノコは味が強いから、日本ではどうしよっかなと迷っていた時、
すごいのみつけたんです。

        えりんこ

          ↑エリンコ。

コ?

袋には、エリンコと。
エリンギよりもちょっとファンキーなのでこれにしました。
ソテーすると、エリンギそっくりで味が薄かったので、
マッシュルームとしめじで味を足すことに。がんばれエリンコ。

2IMG_0900.jpg

Scaloppa di fegato grasso d'oca
        con pan brioche e mela zuccherata

フォアグラとブリオッシュ リンゴの砂糖煮をそえて

フォアグラ。三重県売ってない。(当たり前?)

とまあフォアグラはわかるんだけど、イタリアンってとにかく食材が揃いにくいし、
そろったとしても味が全然違うから、同じレシピで作ってもイタリアと全然ちがう。
とくに野菜。

それとは逆に、このキンカンのジャムのように日本にしかないもので
意外とうまくマッチしたりするのはおもしろいところかも。


人気ブログランキングへ 料理の説明は、「じぶんち島のレストラン」をどうぞ。
 →こちらへどうぞ。

tag : フォアグラ fegato grasso スフォルマート キノコ エリンギ リンゴ イタリア料理 フルコース

#172 僕らのフルコース 裏話1

   1IMG_0180.jpg

Insalata tiepida di gamberi all'a arancia
エビとアボガドのぬるいサラダ オレンジ風

これはプーリアで覚えた料理の1つ。
最初から最後まで強火でしっかりエビを焼き上げるのがポイント。
火が弱いと、水っぽくなるし、強すぎるとこげる。
フライパンも銅や鉄じゃなくてステンレス3層構造にしてみたりと
毎日のように試行錯誤していたのが懐かしいものです。

食材を焼くっていう事がどういうことなのかを勉強させられた思い出深い一皿。
どのフライパンを使うか、火加減はどのくらいか、どうなったら完成か、
焼くって奥が深い!って思ったものでした(^_-)


5IMG_0042.jpg

Crema bruciata
クレマ ブルッチャータ

僕は、日本にいる時は、スーパーで売ってるパルメザンチーズと
パルミジャーノレッジャーノは一緒のものかなんて思ってたんですが、
これをフィレンツェで食べた時、「全然違うやん」と思ったものでした(レベル低)。

フィレンツェの厨房でこれを仕込む時、パルミジャーノがよく余るんですけど
それをあのウーバとつまみ食いしてたのを思い出します。


人気ブログランキングへ 料理の説明は、「じぶんち島のレストラン」をどうぞ。
 →こちらへどうぞ。

tag : オレンジ エビ イタリア料理 イタリアン サラダ ういきょう ブルッチャータ キャラメリゼ

#81 マフィン界のドン

「りんごと木の実の秋マフィン」

ある日の夕方、いつものように仕込みをしていたら、
シェフのテレーザが、ローマで一人暮らしを始めた息子に仕送りをすると。
へぇーさすがイタリア。家族愛がつよいなーなんて思っていたら、
僕に「マフィンを作って」と。
懐かしい母の味は、まじろ風味でいいのか。

ということで、なぜか僕が作る事になったのが、このマフィン。
強豪ひしめくマフィン界で、こんなにうまいのは実は初めて。
表面はクランブルのカリッカリで、中はしっとり!理想的なボディーライン!
ほんとーに一度作ってみて!すごいから。


■■■ マフィン(息子用) ■■■■■■■■
(リンゴと木の実:チョコとナッツ の2種類)      
                      (仕込みに20分+30分焼く)
IMG_0880.jpg IMG_0882.jpg

 ■収穫してくるもの   (13かっぷの材料)

(マフィンのきじ)          (クランブル)
薄力粉    ・・・320g      木の実   ・・・30g
ベーキングパウダー・・・6g      アーモンドとクルミを使った。
バター    ・・・280g      薄力粉  ・・・50g
icon-majiro2.gif砂糖     ・・・280g      砂糖   ・・・50g
たまご    ・・・2こ        バター  ・・・50g

リンゴ    ・・・1/2こ     クランブルってのはメロンパンの
                  表面みたいなサクサクしたアレのこと。
                   このひと手間で感動がうまれる!


 ■料理といふもの
IMG_0868.jpg  ■クランブル

 ①冷たいバターをフォークでバラバラに刻む。
 ②砂糖、薄力粉、木の実を入れ、
  そぼろ状を目指して指でまぜていく。
  この時まとまらないように気をつける。
 ③ラップして冷蔵庫へ。さいなら。


IMG_0866.jpg
■マフィン
①リンゴは5mmのさいころ状に切っておく。
②バターは、レンジで柔らかくしておく。
 (完全に溶かさない!)

③バターに砂糖を入れてハンドミキサーでしっかり混ぜて
 とろっとクリーム状になればOK。
④そこにタマゴを入れて、さらによく混ぜる。
   ※泡立て器でもいいよ。 
⑤薄力粉とBPをふるいにかけながら混ぜていく。
 泡をつぶさないように切るようにサッと混ぜる。混ぜすぎないよーに。
⑥さらにリンゴをサッと混ぜて完成。
icon-majiro2.gif
⑦紙やアルミのカップ半分に生地をいれる。   リンゴのかわりにチョコを
 表面にクランブルをバラバラにしてのせてく。  入れたらチョコマフィン。
⑧170℃ 30分!             何も入れなきゃプレーン。
 竹串を刺して生の生地がつかなければ完成!
 冷めた方がカリッとしてうまい。

 ■ウデの見せ所

IMG_0876.jpg とにかくいっぱい作る。
 冷凍しておいて、毎朝トースターで焼けば
 一月くらいはおいしく食べられる。

 しかも生地は共通で、具を変えれば
 いろんなマフィンが作れる!

 チョコバナナ、チーズ、カボチャ
 栗、洋梨、サバ、パイナップルと
 イマジネーションに任せて放り込む!

 おもしろいもの放り込んだらコメント下さい


IMG_0888.jpg お客さんが来たら…。
 こうやってお皿に飾ると
 ただのマフィンも盛り上がる。

 時計回りに右上から
 オレンジとブルーベリー 
 リンゴのジャムとミント
 ホワイトチョコとココナッツ

 全部、手作りなのだ。
 カフェは、苦みの強いのが合う。
 カロシ トラジャとかいいかも。


おみやにはぜひマフィンを!
季節のマフィンはうれしいもんです。


  人気ブログランキングへ 焼き肉マフィンとかいけるかもしれん・・・
   なんかおもしろいマフィンはないかな。

tag : イタリア生活 イタリア プーリア コック 修行 イタリア料理 マフィン レシピ

#71 No1キャバ嬢 パン子

放っておくとすぐにすねる。
そのくせ手がかかってしょうがない。
手をかけすぎても嫌がられる。
天気や季節で気分がコロコロ変わる。

とかくいい女は手がかかると言われる。
まあそんなもんだと割り切れれば早いのだが、
なかなかそうも言えないのがこのくらいの年頃でよくある話だ。


それはそうと今のお店で僕は、パンも担当している。
同僚のユーが、ドルチェに専念したいと言い出した事で、
ある日から突然僕が担当する事になってしまった。おい。
それまで他人事のように思っていたから、晴天のヘキレキというやつです。
こいつとは付き合わないだろうって子と、いきなり付き合う事になったみたいな
そんな気持ちには特に似てないだろうと思います。

IMG_0848.jpg

とにかく2、3日に一度はパンを5kgこねる。
パンの焼ける男。
響きはカッコいいし、なんか寡黙にコネル姿はどことなく憧れる。
機械を使ってやるんだけどこれがけっこう重労働。
これでまたジムに行かなくてもすむ。
魔女の宅急便のパン屋の旦那みたいに、
上半身だけでかくなっていくんじゃないか。心配だ。

僕の彼女のパン子
彼女は放っておくとすぐ乾いたと言ってすねるし、
手をかけすぎると、うざいと言ってだれる。
待ち合わせの時間に遅れると、その日はもう口もきいてくれない。
ヘタに保湿してやるとすべすべになるけど、膨らまず
40℃くらいの温度が一番リラックするようだ。入浴か。
天気や季節でもころころと変わるので、わがままもいい加減にしろ。
と言ってみたけど、彼女はだんまりを決め込んでいる。

さらに、madore di pane(パンの母)と言って、前回のパン生地を
とっておいてそれを混ぜることで発酵を助けてやる。
娘だけじゃなくおかんともつきあわにゃいかん。
このおかん、ラップに包んでおいても、はみ出す。
勝手に発酵して、はみ出す。
僕の冷蔵庫が生地にまみれる。そしておかんの体臭が冷蔵庫中にひろがる。
ガチガチに固めておくと窒息死する(らしい)。
放置しすぎるといろいろ生える。
親子で手がかかる。

IMG_0844.jpg IMG_0846.jpg

さらに親戚に、ブリオッシュやグリッシーニというクセのある娘が多く
僕は、家族ぐるみの付き合いをしているので、最近忙しい。

人気キャバクラ店のオーナーよろしく、
「今日もパニーニちゃん、元気~?」
「ブリオッシュちゃんも久しぶりにご飯でもごちそうするよ~」
「あ、おかあさん ご無沙汰してます。」
と軽いノリで定期的にみんなのご機嫌を取るのが日課だ。

手に職をつけるといいというけど
僕の手につくのはパンの生地ばかりだ。


   →星付きレストランのふかふかパン。
    レシピはこちら「じぶんち島のレストラン」


  人気ブログランキングへ パン職人にはいい男が多いんじゃないか?
  ←いつも応援ありがとうございます(^_-)

tag : イタリア生活 イタリア プーリア コック 修行 パン パン作り

#66 アドリア海っあ GO!GO!

釣りに行くぞー!
アドリア海よ、待ってろよー!


というのも、今週は2連休♪
オーナーの息子が大学に行くために家探しに行くから臨時閉店。
イタリアではこういう一身上の都合での閉店はよくある。てきとー。
そして家の物置で釣ざお発見!こりゃあもういくっきゃない!

というわけで釣ざおを持って、ユーにたもを持たせていざ出陣!
海ってどっちだ?そういや近いってきいたけど道は聞いてないな。
歩き出して1kmくらいで道行くじいさんに道を聞くと

「この道ずっとまっすぐ。7kmくらいだから歩いて半日だな」

「そうか。7kmか。わかった。ありがとう。」


7kmかよ!無理だろそりゃ!
夜釣りになっちゃうよ!


そして8月しかバスは運行してないらしい。どおりで見た事なかった。
でもアドリア海が俺を待ってる。

とりあえずヒッチハイクするか(笑)
昔、ユーと2人で飯食いにいったついでにヒッチハイクして名古屋から
広島の宮島までヒッチハイクした事あるし、なんとかなるだろ(^_-)

IMG_0735.jpg
 何とかなった(笑)

 昼休み中のジャンニ(初対面)が送ってくれた。
 さすがヒッチハイク発祥の地ヨーロッパ。
 ありがとうジャンニ。またいつか!



というわけでアドリア海到着!

IMG_0737.jpg

きれーだなーアドリア海! 青いなー 海も空も。
いろんな事を忘れられるくらいキレーだなー。
あー 餌 忘れたなー。
・・・。

ユー、餌がねえよ!餌が!

IMG_0741.jpg釣り道具屋ってイタリア語でなんて言うんだ???
めんどくさいからカニでやろう。カニ。

      遠くの方でカニを捕ってくれてるユー →

いざ、カニをつぶして作った「カニ団子X」で勝負!


特製「カニ団子エックス」は、即席手コネだけにすぐに水に溶ける。
そのためアドリア海とは一瞬の勝負。

IMG_0743.jpg 釣れるのかアドリア海!

 最近、いろんなそんなこんなで、
 ダメもとでもじっくり待てるようになった俺は
 釣り師としても成長してるはずだ!多分!

 数時間に及ぶ激闘の末(ほとんどぼけーっとしてた)
 ついにゲット!
 25cmのヒメジ!
 なんでこんなに赤いんだヒメジ!

さて帰るか!と思ったけど帰りもヒッチハイクだった。
さすがにそんなに都合良くいかねーだろ(笑)

IMG_0749.jpg うまくいった(笑)。

 イタリア南部は治安も悪いし貧乏だけど
 人は人情味が溢れるって本当だなー。
 オヤジいいやつだなー。
 でももうちょっと前見て運転してくれよ。

 というわけで、いきようようと帰宅。

ゴキゲンなコックの俺たちはさっそく料理

IMG_0752.jpg やっぱり赤いなー。
 日本のヒメジに比べるとでっけーな。
 ウロコは手で取れるくらい身が柔らかい魚。
 心配させんなよ!柔らかすぎるだろお前!
 泳いでて間違って岩とかにぶつかったら
 はがれちゃうじゃんかよ。
 ジャングルにシルクのニットで行くみたいなもんだよ!
 もっと堅いのつけとけよ。赤いんだから。

IMG_0757.jpg
 以前に教えてもらったサルデーニャ風の
 アクアパッツァにしよう!
 なんていってもめんどくさいから簡単なやつにしよう。
 水だけで作れて、強火でガンガン焼くだけ!
 今日もゴキゲンだな~。
 店でもらったワインも飲もう。


IMG_0761.jpg「ヒメジのアクアパッツァ  
        サルデーニャ風」


 コックってたのしいなー。
 つーか久しぶりに普通の休日を満喫したなー。

 アドリア海よ、ありがとう。
 全体的にテキトーだった僕たちを
 見捨てないでくれてありがとう。
 


 今回のアクアパッツァのレシピはこちら 「じぶんち島のレストラン」


  人気ブログランキングへ アドリア海は最高!
  ←いつも応援ありがとうございます(^_-)

tag : 魚釣り 釣り イタリア生活 アクアパッツァ ヒメジ ヒッチハイク

あっはっは!

majiro

Author:majiro

企画マン まじろー
(写真:右)
 このブログの執筆者
2009/2
 サラリーマン卒業!
2009/5
 フィレンツェでコック修行!
2009/9
 プーリアでコック修行!
2010/4
 ヨーロッパ旅行
 『世界の緑から』へ出発!
2010/5
  帰国。(東京→三重へ)

デザイナー  ユー
(写真:左)


暦の上で
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
いろんな本棚



まじろんちの樹
最新記事
- - 最新記事 -
たき火を囲みながら。
昔の思いで
検索してくれるらしい
オススメ作品
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

黒いもじゃもじゃ
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。